セール

鼈甲(ベっ甲) 簪(かんざし) 螺鈿蒔絵 麻の葉市松文様 山型 一経作 A71

¥112,200 (税込)
¥10000 引き

 

  • 素材:鼈甲(本べっ甲) 螺鈿(鮑貝) 漆 金粉(本金粉)
  • サイズ約:12.0×7.5センチ 18.2g
  • 蒔絵師 : 一経 (いっけい) 研出蒔絵螺鈿 [正式名称]

在庫あり

鼈甲に麻の葉市松文様 上品な螺鈿蒔絵簪のお品になります。こちらのお品は、その気品さから結婚式でのご使用にもお勧め致します。吉祥文(おめでた柄)としての麻の葉文、市松文はその柄が途切れることなく続いて行くことから、子孫繁栄など縁起の良い模様として好まれています。漆で描いた絵の中に、細かく切った薄貝の色を選んで一つ一つ置いていき、金紛を蒔く[螺鈿蒔絵]は、専用炭で金紛を研ぎだす[研出蒔絵]技法の一つで、鼈甲と共に時代を歩んできました代表的なお品です。螺鈿蒔絵かんざしは髪に挿す事、また身につけ動く事により、金の中の細かく配置した貝(螺鈿)が上品に光り輝きます。※画像よりも実際の金の光沢は素晴らしいお品です。ご検討いただけますと幸いです。

結婚式・留袖・お洒落着・訪問着・贈り物・プレゼント
この商品は桐箱にお入れし、梱包してお届け致します。 [取扱い説明書付]

※ご注文のタイミングによっては、キャンセルさせていただく場合が有ります事をご了承下さい